赤ちゃんがほしいママ・パパに送る妊活情報サイト

骨盤矯正について

妊活の土台は骨盤!

 

妊活をするにあたり 大切なのは赤ちゃんを迎え入れるママの健康です。
特に赤ちゃんが約10ケ月過ごすママのお腹はできる限り居心地のいいところがいいでしょう。

 

 

妊活のためにいろいろなサプリや効果的な食べ物を食べることはとても良い事ですが それ以前にママの身体は赤ちゃんが授かるように整えられているでしょうか。
赤ちゃんが出来ない原因はパパにある場合もありますが、男性不妊の場合、女性のように安易に治せない場合も多いためにまずはママの母体が少しでも妊活に適した状態であるよう心掛けれていればいいなぁとおもいます。

 

 

そのために一番大切なのはどんなサプリより栄養より大切なのは骨盤です。

 

 

昔から身体の土台は骨盤!っていう言葉がありますよね。
TVやメディアでも良く聞きますから耳にしたこともあるでしょう。

 

赤ちゃんが欲しい,妊活,ベビ待ち

私自身が妊活を意識した時もやはり骨盤に一番意識が向いていたのでまずはじめに骨盤に着目し骨盤矯正に通いました。

妊娠に大切な子宮も卵巣も骨盤の中にありますからゆがみがあるなら治したいと思ったのです。

 

 

ゆがみがあるならなんて言いましたけど、人は誰でもゆがみってあるものらしいです。
生活に支障がないくらいならいいのですが、何か問題が起きているなら治すべきと思いますし、ましてや妊娠に重要な子宮や卵巣が骨盤の中心にあるわけですから私はそこを無視できませんでした。

 

 

骨格ってとてもゆがみやすいそうですよね。 立つ時の姿勢や座る姿勢などで簡単にゆがんでしまうそうです。カバンを片側だけで持ち続けるのも、ごはんを片方だけで噛むのも、たったそれだけの事でも身体のゆがみに繋がってしまいます。
私は長年OL生活をしていましたから、イスに座り続けてパソコン作業をする日々でした。そして時々股関節が痛くなることもあり『間違いなく骨盤がゆがんでいるだろう』そういう感覚がありましたから、私にとっての妊活は骨盤を改善するところからはじめようと思ったのです。

 

 

Profileにも書いていますが、残念ながら私が通っていた骨盤矯正のサロンはすでに存在していないようなのですが他にも有名な骨盤矯正のサロンなどはいっぱいありますから、少し紹介しますね。

 

 

赤ちゃんが欲しい,妊活,ベビ待ち

銀座スッキリ整体サロン

 

残念ながら全国展開はしていないサロンですが、全国から通ってきているお客様が多いようです。
全国展開しているサロンって、結局店舗毎に施術する人が違うわけですから技術力に差が出る事は当然あります。院長が目が行き届かないことも多いのでそれを考えると、これだけ人気にも関わらずサロン展開を広げないのは院長自らがお客様を治したいという真剣な思いの現れと思います。

 

<サロンのポイント>
整体というと、バキバキ!とうやりそうなイメージがあるかもしれませんが、こちらのサロンはそのような施術ではありません。
ゆっくりと時間をかけながら筋肉をマッサージしながら自然治癒力を高める施術なのでバキッ!と一瞬治して終わりではありません。

 

またこちらのサロンは敢えて妊活とか不妊という言葉を売り文句にはしていません。それは骨盤のゆがみを治すことは不妊だけを治すことではないからです。
骨盤は身体全体のバランス保つところであり、骨盤のゆがみがすべての不調に繋がりかねませんし、サロン公式サイトにも書いてありますが、婦人科疾患の引き金となります。
妊活のために骨盤を治しにきた と先生に告げても理解してもらえますが、妊活のためだけでなく、さまざまな身体の不調が改善される期待をもって通うといつの間にか妊娠しやすい体質に変わっているかもしれません。
女性専用・完全個室・整体サロンですので安心です。
銀座スッキリ整体サロン口コミはこちら

 

 

 

骨盤の大切さ

 

骨盤のことをもう少し詳しくお話ししますね。
骨盤は身体の中で一番大きな骨であり、そこを中心に身体のバランスが保たれていますから身体の芯である背骨も上半身の骨も下半身の骨もすべてが骨盤と繋がっています。
その割には大きく広がった左右に骨は何にも固定されておらず、筋肉だけで支えられています。先程「上半身や下半身と繋がっている」と言いましたが実際は骨同士は繋がっていません。
すべて筋肉や脂肪などで支えられているだけなのです。

 

 

例えるなら から揚げに細い楊枝を刺してもその楊枝がグラグラすることはありませんよね。
楊枝1本で持ち上げる事も可能です。でもとろけるプリンに楊枝さしてみたら刺した状態で左右にも動かせると思いませんか?
まして楊枝で持ち上げるなんて事はできません。

 

 

骨と筋肉(脂肪)の関係ってこんな感じなんです。
トレーニング女子のように常に筋トレしているなら筋肉が骨盤ベルト代わりに支えてくれるので影響が出にくいかもしれませんが
あまり筋肉もない女性ならとろけるプリンのイメージで骨盤を支えられませんから、どうしてもゆがみがちになってしまいます。
脚を組んだり、片側に重心をかけて立ったり座ったり。
同じ姿勢で座っているOLさんも、立ち仕事の職種の方も、どちらであっても骨盤ってゆがみやすいのです。

 

 

少し話がズレますが、太るとお尻が大きくなると思いませんか?
太っている人はお尻が大きい と言った方がわかりやすいかもしれないですね。
それは身体の筋力が弱ってやわらかい脂肪の状態で骨盤が広がってゆがんでしまい、そこに更に脂肪がついていくからお尻はどんどん大きくなっていきます。

 

 

特に産後の女性は特に体をゆるめるリラキシンという成分が出ますので骨盤が最大限に広がりますし、その他の骨格もゆるみやすくなります。
ゆがんだ骨盤のままでいると二人目不妊にもなりかねないかもしれませんね。

 

 

 

 

ゆがんだ骨盤と疾患のメカニズム

 

 

 

骨盤がゆがみやすいってことはわかったわ。
でもゆがんだ骨盤がどうしていけないの?


 

骨の周りに筋肉や脂肪がついているとお話ししたと思いますが、身体は骨と筋肉(脂肪)だけではありませんよね。
神経、血管、腱や筋などが内臓を繋いでいます。もちろんそれらも筋肉や脂肪でおおわれています。

 

骨格がゆがむとその周りについている脂肪等も偏ります。偏った筋肉がその部分の神経を圧迫し神経伝達の邪魔をすることになります。
身体のゆがみで圧迫された箇所が機能障害を起こし身体の流れがスムーズではなくなる。
こうして 神経伝達不足や何か不調が現れる事に繋がって今います。
こういう不調をいわゆる自律神経失調症と呼びます。 よく耳にする言葉ですよね。

 

 

自律神経自体は目に見えて存在する神経ではありませんが身体を動かす上で最も重要な機能であり、自律神経は生きていく上では絶対に必要です。

 

 

人は呼吸をするたびに自分の脳に『吸って吐いて』なんて指令出しませんよね。
『心臓動いて!胃しっかり動いて!』なんて命令しません。
そのように命令しなくても自然と体が動いていけるのは自律神経が働いているからです。
妊活さんに必要なホルモン分泌の調整も自律神経のおかげです。

 

 

このように自律神経は生きていく上でとても大切な働きをしてくれるのですが、とってもデリケートなのですぐにバランスを崩してしまいます

 

ストレスだったり、疲労だったりと原因は様々ですが、ゆがみ も自律神経のバランスを崩す要因の1つでもありますから侮れないんですね。

 

 

 

身体のゆがみは妊活さんにも死活問題

 

妊活さんにとって一番困るのは、ホルモン分泌がうまく出来ずに排卵がうまくいかなかないことではないでしょうか。
ホルモンバランスが崩れると生理も定期的にこなくなりますから、それも問題です。

 

ホルモンだけではありませんよ。
あまりにひどく骨盤のゆがみがヒドイ場合は 卵管が圧迫されて癒着(ゆちゃく)してしまうケースも出てきます。
卵管ってとっても細いので癒着が激しいともう治せません。更にヒドイ場合は卵管切除もやむを得ないことになります。
卵管がそのような状態では卵子が子宮に降りていきませんから、当然赤ちゃんは望めません。

 

 

私の卵管は片方がこのような状態です。
もう片方も危なかったのですが、どうにか貫通して無事妊娠することができました。
(詳細はProfile見てください)
もう少し早く骨盤矯正に行っていたら癒着なんてしなかったかもしれないなぁというのが今更の反省ですが
かろうじて片方の卵管が卵子を通すことができて良かったなぁと思います。

 

 

骨盤セルフ矯正

 

 

骨盤がゆがみが妊活には良くないというのはわかったけどでもサロンに通うのはね・・・
費用もかかるし、通いきれない。
どうしたらいいの?


 

サロンに行かれない場合は書店で売っている骨盤枕などで骨盤体操をしてみましょう。そこで大切なのはその後のケアです。

赤ちゃんが欲しい,妊活,ベビ待ち

 

これはサロンに通っても同じですが、整えた骨盤を固定するために必要なケアは固定ベルトを装着することです。
骨盤矯正+骨盤ベルトは必須セットで、その上でトレーニングをして骨盤周りの筋力をつけていくと骨盤はゆがみにくくなります。

 

 

 

 

 

私が愛用している骨盤ベルトについての詳細はこちら

 

 

 

このページのTOPへもどる


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 葉酸 ピニトール マカ 骨盤矯正 ザクロ Profile