日曜日, 7月 5
Shadow

自分のライフステージを守りたいのなら

看護師として長く働き続けることを望む人が多いですが、結婚や出産などによって職場を変えなければならないケースも少なくありません。例えば結婚をきっかけにして遠くに引っ越す必要が出たり、育児のために勤務時間を短くする必要があったりするケースです。
最近では保育所の併設や育児中の時短勤務が可能など、様々なライフステージに対応してくれる医療機関側が増えてきました。その一方で、人手不足で思うようなシフトを組めない、休みがなかなか取れないといった問題を抱えている医療機関も多いです。
そのため自分のライフステージを守りたいのなら、勤務体制が整った医療機関に転職することが望ましいでしょう。

新しい職場で希望する働き方を手に入れたいのなら、看護師としての専門スキルがあると何かと有利です。そして専門スキルがあることを示すために役立つのが、認定看護師や専門看護師などの資格です。
専門資格があるということは、これまで積極的に知識を吸収して意欲的に働いていたことの証明につながります。また、資格を取得するためには計画的に勉強を進める必要があるので、日常業務をしながらコツコツ勉強していた点も評価されます。
そして採用する医療機関側としても、このような人材を求めています。そういった看護師には少しでも長く働いてもらいたいため、働き方について柔軟に対応してもらえる可能性も上がります。

資格を取得して知識の土台を作って働き方を自由に選べるような職場に転職すると、自分のライフステージを守りながら活躍することができるでしょう。