火曜日, 9月 22
Shadow

不満

不満を解消したいのなら

看護師は、現職の業務内容に不満を抱えて転職を検討することがよくあります。その際に重要なのが、違う診療科目を専門とする道を考えてみることです。 診療科目が違うと求められる知識やスキルも異なるので学ばなければならないことはたくさん出てきます。しかし、現場での慣習も訪れる患者の性質もかなり違いがあるので、これまで抱えていた不満を解消できる可能性が高くなるでしょう。 これまで抱えていた不満を解消したいのなら、整形外科働くと良いでしょう。 整形外科の患者は他の診療科の患者と違い、病気を患っていることはほとんどありません。骨折や捻挫などで物理的に怪我をしてしまった人が治療やリハビリを受けるために訪れるのが一般的です。そのため、内科などで感染リスクを負いながら働くのが辛かったという人には理想的な現場になるでしょう。 また、精神的に病んでいる人もあまりいないため、精神科や心療内科などで心のケアをするのが大変だと感じていた人も働きやすくなります。基本的には健常者と会話をすることになるのが整形外科なので、患者とのやりとりで苦労してきた方は大きな改善を見込めるでしょう。 整形外科では、看護師のスキルも養われます。手術を行うケースが多々あるので、そのサポートを日常的に行うことになるためです。 医師のサポートによるスキルの習得ができるかどうかは病院やクリニックの性質によっても左右されますが、大きな病院を選ぶほど高度なスキルを学べます。スキルアップに不満を抱えていた人も、整形外科を選べば納得して働けるようになるでしょう。 ここに挙げた整形外科ならではの特色に魅力を感じるのであれば、不満を解消するためにも転職を考えてみると良いでしょう。